岐阜・白川のますぶち園が、製造直売の白川茶をお茶の間へお届けするふるさと茶屋のHPです

会社情報お問い合わせサイトマップ
茶畑からお茶の間へ直行便
現在のカテゴリー
ますぶち園のブログ
営業日カレンダー
2018年 5月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
2018年 6月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
は当社の休業日です。



茶畑日記

HOME茶畑日記>ますぶち園のブログ>今日の茶畑

ますぶち園のブログ

今日の茶畑
2012.02.20
春作業に向けて足場の仮修復ができました
昨年の集中豪雨で茶畑も被害を受けました。
春作業に間に合わせ急ピッチで修復作業が終了し
今年も安全に茶畑作業ができます。
     

     
きれいに足場も修復されました   のり面が崩落
     
2012.01.26
茶畑の雪景色



2011.09.29
秋の作業
人の背丈よりも大い枯れたススキを運びやすいようにひとつひとつ手作業で束ねていきます
束ねられたススキを拾い集め軽トラック乗せて荷台はススキの山
広い茶畑を何度も軽トラックで運んでいきます

厳しい寒さに向けて冬じたくの作業が進められています
2011.08.29
厳しい暑さの中の作業
まだまだ厳しい残暑の中、
秋の気配を
感じつつの作業。
 
暑い夏、雨も降り茶葉の生育はよく伸びました。
伸びた不揃いの茶葉を秋整枝をする前に切り落としました。
切り落とすことにより低い茶の木にも陽があたるようにするためです。
 
2011.08.18
暑い中で裾刈りをしました

猛暑の中、裾刈りを行いました。
2011.02.03
茶畑の杉の樹が切られてしまいました
鱒渕茶園のシンボルでもあった杉の木が4本切り倒されました。

         ↓


なぜ?杉の木を切ってしまったのでしょう??
・杉の木の陰で茶畑に太陽があたりにくいため
・大木になり、茶畑の養分まですってしまうため
・杉の枯れ枝が茶樹にのってしまうため
など、茶畑のため・・・切ってしまいました
木陰がなくなり・・・さみしいですね!
でも次は、朴の木を植えて木陰を作るそうです(^^♪

2011.01.31
雪景色の茶畑
雪の重みにじっと耐えながら春を待つ茶の樹


昨年秋の冬じたくで敷き詰めたススキは、茶樹を寒さから守ります。
2010.12.10
今年一番の冷え込みでした
お茶の葉は霜で凍っています
今年一番の冷え込みでした。
日陰はまだしっかり霜が
あたっていますが、
太陽があたり次第に霜も
とけはじめています。
2010.11.11
秋の茶畑

もうすぐ厳しい寒さがやってくる
ことがわかっている様に
静まりかえった茶畑・・・
茶葉の色と紅葉した樹と青空の
コントラストがきれい
2010.10.26
茶畑と朝霧



茶畑と朝霧
previous << |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  | 6 |  7  |  8  |  9  | >> next

このページの先頭へ