岐阜・白川のますぶち園が、製造直売の白川茶をお茶の間へお届けするふるさと茶屋のHPです

会社情報お問い合わせサイトマップ
茶畑からお茶の間へ直行便
営業日カレンダー
2017年 6月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2017年 7月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
は当社の休業日です。



茶畑日記

HOME茶畑日記>ますぶち園のご案内>白川町と白川茶

ますぶち園のご案内

白川町と白川茶
2010.10.01
白川町と白川茶




白川茶の代表的産地である白川町は、岐阜県の東部に位置します。飛騨川・白川・黒川・赤川・佐見川の5つの川を代表とする、渓谷の清流が美しい山紫水明の自然豊かな山郷です。



美濃白川茶は、始まりが400年以上昔から栽培されてきたと言われ、川霧が葉を潤し、昼夜の温度差が山間地特有のお茶の特長を醸し出し、香り高く深みのあるお茶として有名です。



生産されるお茶は決して多くありませんが、小さい産地だからこそ細かなところまで目が行き届き、愛着を持って育て、心を込めて収穫することが出来るのです。



美濃白川茶の製造発売元「ますぶち園」は、国道41号線及びJR白川口駅から約18kmほど東に位置し、標高650メートル、朝露の立ち込めるの山あいの自社茶畑を中心に、栽培から製造加工、販売まで、一貫システムで茶畑からお茶の間へ美味しくて安全なお茶を、文字どおり「産地直送」で皆様にお届けしています。


アクセスは
  maps.google.co.jp/maps
 


このページの先頭へ